2011年の3月11日というと、東日本大震災が起こった日、となってしまいました。
 でも、福島市では地震が起こる数時間前まで、大切な行事がある日でした。それは、中学校の卒業式でした。
 その日の午前中に卒業式を終え、子供も親も、14日の高校の合格発表は気になりつつも、それぞれ門出を喜んでいました。
 私事ですが、私の息子もその日に卒業式でした。通っていた中学校に取材のテレビカメラが入り、「夕方のニュースで見ようね」などと言っていたのですが、その後の地震で、ニュースはおろか、その夜は停電になりました。
 そしてその後、福島の子供たちは放射線禍の中で生きることを余儀なくされました。福島を離れたご家族もたくさんいます。

 でも、福島には今もたくさんの子供たちが暮らしています。そして、当然ですが、今年も中学校を巣立つ生徒さんたちがいます。

 当研究会の12月のイベントで、少し早かったのですが、卒業制作作品を西信中学校の五人の生徒さんたちに出品していただきました。

f0206797_0145789.jpg
f0206797_0152788.jpg
f0206797_015448.jpg
f0206797_016252.jpg
f0206797_0162261.jpg


 楽しかった思い出が描き込まれたり、将来への期待と不安を表していたり、どの作品も中学生の今でしか描けない作品ですね。力作です。
 
 西信中学校は、毎回作品展示に参加していただき、ご家族と来場していただいたり、ワークショップに参加していただいたりが一番多い中学校でした。ありがとうございました。
 
 中学三年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
 震災後の福島で頑張るみなさんに、素晴らしい未来が開けますように、心から祈っています。

[PR]
by smcf | 2013-03-11 23:51 | 2012年度の活動

A WINDOW ON FUKUSHIMA

当研究会が後援する震災2周年関連のイベントを紹介します。


A WINDOW ON FUKUSHIMA: a public radio broadcasting
日時:2013年3月11日(月)18:00~21:00
場所:キッチンスペース2F(福島市栄町AXCビル向かい)

ドミニク・バレイ(ニーム大学講師)と永幡幸司(福島大学准教授)が,今般の原発事故
に衝撃を受けたフランスと日本を中心とする音の表現者・研究者が制作した原発事故と関
連する音の作品を集め,A WINDOW ON FUKUSHIMA というラジオ番組を作成しました。
震災から2年の3月11日にあわせ,この番組の公開試聴会を,フランス(Maison Laurentine)と日本(福島キッチンガーデン)において開催します。
入場無料です。

お問い合わせは以下の通りです。
fsp@knight2.sss.fukushima-u.ac.jp
http://fukushima-open-sounds.net
福島大学共生システム理工学類 永幡研究室
電話:024-548-5154  

[PR]
by smcf | 2013-03-10 15:42 | 2012年度の活動

「美術館とまちづくり」研究会が、福島県立美術館の楽しみ方や文化的生活の提案などをお届けするブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31