第2回シャンソン講座

3月21日にシャンソン講座第2回目開催しました!

 今回は参加者は少し少なくて8名でした。

f0206797_18323488.jpg

 日程が合わず、「残念ながら欠席」のご連絡をいただいた方が複数いらっしゃいました。
 
 「サントワマミー」と「ラストダンスは私と」がこの日の新しい曲目。
 今までのどの曲もそれなりに難しかったのですが、講師としては「ラストダンス」には今までと違う難しさが。

 でも、受講のみなさんは、軽々と?楽しそうに歌っていらっしゃいました。

 最初と最後に何人かの方とお話しする時間がありました。
 「日常から離れての楽しい時間!」とおっしゃる方々がありました。
 AOZ主催を合わせると3回目となりましたが、3回ともいらした方もありました。
 また、今までに他のコーラスにご参加されていた方、更には同じ団体にご参加されていたことがわかった方々など、短い時間でしたが、楽しいお話を伺いました。
 歌は本業でない講師は、相変わらずのどの調子が悪かったことに加え、音楽経験豊かな皆さんのお話に冷や汗、でしたが、「また講座を開いてください!」というお声に、何とか応えたいと考えているところです。

 ご参加の皆さん、ありがとうございました。
 またお会いできることを楽しみにしております。

 

[PR]
by smcf | 2012-03-25 18:34 | 2011年度の活動

3.11バザー企画

 今日の福島は穏やかな青空が見られます。

 1年前の3月11日、東北大震災が起こりました。
 大変な被害を受けられた方々に、心よりお見舞いやお悔やみを申し上げます。

 あの日、そしてその後の福島は、大震災の被害を受け続けています。

 福島市には、県立も含めて、多くの文化施設がありますが、その一部は被災し復旧のため閉館中、また文化予算の削減のため活動の縮小を余儀なくされているとのことです。
 軽減されたとはいえ、放射線の影響が今も残る福島市で暮らしていることは、それだけでストレスを感じることも多いです。子供たちは外で遊ぶことが少なくなりました。そんな状況の中、室内での文化的な催しまでもが少なくなってしまうことは、子供にも、大人にも、心の安らぎの場や時間が少なくしてしまいます。

 当研究会は、震災後のこの1年、工作のワークショップや美術鑑賞ツアー、作品展示・鑑賞の機会、シャンソン講座などを提供してまいりました。

 そして、震災1年にあたって、研究会のワークショップゆかりの手作り品を情報発信も含めて遠隔地の団体にご協力いただくバザー企画を計画しました。
 一昨年のクリスマスのワークショップでのシールとマグネットの作り方で、桜シール(100円)と春らしいマグネット(200円)を作ってみました。
 台紙として、福島の「3.11*あの日とその後」というメッセージカードが入っています。

f0206797_14425953.jpg
f0206797_1443452.jpg


 現在、京都と鳥取の3団体よりご協力のお申し出をいただいております。
 心より感謝いたします。

 収益は、福島の文化施設・活動のために使わせていただきます。

 小さな研究会での企画ゆえ、大規模の活動にはなりえませんが、ご興味のある方、ご協力いただける方は、
a090@ipc.fukushima-u.ac.jp
まで、ご連絡ください。

 今後とも当研究会は、微力ながら、福島の文化活動の活性化のために尽力してまいります。


こっとんプラネットさんから布地のご寄付をいただきました。
 ありがとうございました。
[PR]
by smcf | 2012-03-11 14:46 | 2011年度の活動

シャンソン講座、1回目を3月9日に行いました。
 男性2名、女性18名のご参加でした。

 この催しは、12月に、今回も会場としたA・O・Zの主催で行ったものですが、その際、ご参加の方々が楽しんで下さったことで、再度開催したものです。
 今まで子供たちのための企画ばかり担当してきたスタッフでしたが、大人のための楽しみの場の意義も感じた次第です。
 
 
 当日は、講師の声の調子が悪く、ご参加の方には大変ご迷惑をおかけしましたが、みなさん温かくご理解いただき、ありがとうございました。

  
 「バラ色の人生」「シェリーに口づけ」、そして、「クラリネット壊しちゃった」の♪オ・パ・キャマラド・・・♪の謎、という小ネタをはさみ、「シャンゼリゼ通り」をフランス語で歌いました。フランス語、といっても、カタカナで大丈夫!楽しく歌いましょう!というノリです。

 寒さがぶり返した雨の夜でしたが、みなさんと温かい時間を過ごせました。
 
 第二回は21日です。
 まだ定員にゆとりがあります。
 どうぞご参加ください!

 連絡先は → a090@ipc.fukushima-u.ac.jp
 「シャンソン講座参加申し込み」などとして、お名前、人数をお知らせください。

[PR]
by smcf | 2012-03-10 13:42 | 2011年度の活動

「美術館とまちづくり」研究会が、福島県立美術館の楽しみ方や文化的生活の提案などをお届けするブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28