まちなか美術講座日程

 福島大学行政政策学類創設30周年記念事業として、福島県立美術館にご連携いただき、同館の「ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで展」(4/286/24)開催にあわせた「まちなか美術講座」(計5回)を行います。講座では毎回同展覧会出品作家・作品を中心に、19世紀後半から20世紀前半までのフランスの美術や文化についてお話しいたします。

毎回異なる内容になりますので、一回のみの参加でもお楽しみいただけます。ご来場をお待ちしております。

日時

会場

講師

レクチャー内容

1.

4/7()

18:30-20:00

AOZ

視聴覚室

伊藤匡

(福島県立美術館学芸員)

印象派画家たちの冒険:

モネとセザンヌ

2.

4/21()

14:00-15:30

AOZ

視聴覚室

荒木康子

(同館学芸員)

ピカソ-新しい視覚の誕生

3.

5/12()

18:30-20:00

AOZ

視聴覚室

田村奈保子

(福島大学教授)

絵画の中のモードと市民生活の変化

4.

5/19()

18:30-20:00

AOZ

視聴覚室

坂本篤史

(同館学芸員)

古典彫刻とルノワール

5.

6/16()

14:00-15:30

AOZ

大活動室

橋本恵里

(同館学芸員)

前衛の舞台:モンマルトルとモンパルナス

  ※時間・会場は各回異なりますのでご注意ください。

  ※聴講無料です。事前登録の必要はありません。

  ※タイトル・内容の詳細は変更となる可能性があります。

  ※各回定員50名です。満席の場合は入場を制限させていただく場合があります。
事前予約不可とさせていただきます。


[PR]
by smcf | 2018-04-04 13:26 | 2018年度の活動

福島大学行政社会学部・行政政策学類創設30周年記念プロジェクト

「まちなか美術講座」開催のごあいさつ

 福島大学行政政策学類と福島県立美術館は以前より協力関係にありましたが、とりわけこの10年、美術館の資料整理学生ボランティア(20082010)や美術館とまちづくり研究会の活動(2009~現在)などを通じて、連携を深めてまいりました。そして、このたび学部・学類創設30周年にあたり、美術館にご協力をいただき、「まちなか美術講座」を開催する運びとなりました。美術館も大学も街の中心地から少し離れたところにあるため、普段は気軽に訪れることが出来ない方も多いかもしれません。そこで、まちなかでの出張講座で気軽に美術鑑賞の楽しさにふれていただきたいという趣旨で開催いたします。この4月から6月にかけて全5回の講座で、全回聴講無料です。なお、この講座は、福島県立美術館で開催予定の「ポーラ美術館コレクション展」の関連企画ともなっております。あわせてご鑑賞いただけますよう、お願いいたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

福島大学行政政策学類 教授

福島大学地域創造センター登録研究会 美術館とまちづくり研究会 代表

田村 奈保子


[PR]
by smcf | 2018-04-04 13:23 | 2018年度の活動

「美術館とまちづくり」研究会が、福島県立美術館の楽しみ方や文化的生活の提案などをお届けするブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31