今回の色えんぴつ画展の木島克典さんを紹介します。
 
 木島さんは福島県立美術館近くにお住まいで、福島市で中学校美術科の教諭を長くお勤めでいらっしゃいましたが、一昨年から柳津町西山中学校に教頭としてご着任になりました。地区の文化的活動の中心として中学校は重要な役割を持つということで、木島さんは精力的に活動を継続・発展させていらっしゃいます。その様子はしばしばメディアでも取り上げられています。
 今回は、西山にご着任になられてふれた「日本の原風景」ともいえる西山地区の風景を、色えんぴつ画で再現された作品を展示してくださいます。

 木島さんの当研究会へのご協力は長年にわたっており、特に「親子でアートなワークショップ」での展示は、木島さんなしにはあり得ませんでした。「ルーマニアに絵を届けるプロジェクト」を行う素地ともなった展示企画です。
 
 ポスター・チラシの趣ある絵は、もちろん木島さんの作品です。
 ごらんになって、いかがでしょうか。行ったことはないけれど、見たことはないけれど、なんだか懐かしい、ほっとした気持ちになるのではないでしょうか?

 木島さんは以前にも、県立美術館への思いの詰まった文章とともに、素敵なスケッチ画を当ブログにご提供くださっています。
 
 2月6-7日にはコラッセ福島に足をお運びになり、作品をお楽しみください。
 また、作品は絵葉書として販売されます。どうぞお買い求めいただき、おうちでも郷愁あふれる風景をお楽しみください。
 

 http://smcf.exblog.jp/12497621
[PR]
by smcf | 2016-01-21 11:25 | 2015年度の活動

 今回の企画では、物品販売も予定しています。価格はいずれも予定です。

 木島克典さんの西山地区の風景を描いた色えんぴつ画の絵葉書:1枚80円、3枚で200円
 同じくハガキサイズの卓上カレンダー:1セット600円
 民芸品「ひしストラップ」:400円
 
 また、ひしストラップづくりのワークショップも行います。こちらは250円でご参加いただける予定です。

 ひしは、西山地区の観光施設で販売されているものです。
 木島さんの作品に囲まれながら、お土産品のひしをお買い求めになり、またご自分で作ってみる体験をされることで、西山地区観光の疑似体験をなさってはいかがでしょうか。

 開催は2月6-7日(土-日)、コラッセ福島1Fアトリウムです。
 
 

[PR]
by smcf | 2016-01-15 13:36 | 2015年度の活動

 文化的な地域紹介という今回の企画は、当研究会では新しい試みとなります。
 そこで、お越しいただく方々に感謝の気持ちでプレゼント企画を考えました。
 会津柳津地区は雪深いとうかがいました。それにちなんで、小さな雪の形のブローチをご用意いたします。

f0206797_13425549.jpg


 大きさは直径3~5cm程度です。毛糸で編んであります。後ろにピンが付いていて、止められるようになっています。
 この週末あたりから、福島駅東口・西口の観光案内所とコラッセ福島の1F案内所などにチラシを置きます。 そのチラシをお持ちでご観覧いただいた方に差し上げたいと思います。チラシはお一人様につき1枚、チラシ1枚につき1つ差し上げます。
 スタッフの手作り品につき、大きさ・形の不揃いはご容赦ください。
 また、数に限りがございます(2日間で50個予定)こともご了承ください。

 みなさんのお越しをお待ちしております。

[PR]
by smcf | 2016-01-14 17:51 | 2015年度の活動

大変ご無沙汰いたしました。本年もよろしくお願いいたします。
 早速ですが、2月6-7日の企画のご案内をいたします。

 
f0206797_1304684.jpg


 柳津町は、温泉や福満虚空蔵菩薩圓蔵寺などの観光スポットがあり、赤べこ発祥の地としても知られる奥会津の山間の地区です。また、版画家齋藤清が好んで描き、ゆかりの「齋藤清美術館」があるところとしても知られています。そこには日本の原風景ともいえる趣ある場所が、今も多く残っているとのことです。
 当研究会の次回の企画は、そんな柳津町西山地区の魅力を色えんぴつ画と民芸品でお伝えするものです。

 当研究会活動をずっと支えてくださっている木島克典さん(柳津町立西山中学校教頭・美術科教諭)が、西山地区へのご赴任に伴い発見した西山地区の風景を繊細で美しい色えんぴつ画として再現されました。

 同地区では、中学生が地域活動への提案を行い、町おこしの一端を担っているとのことです。そのうちの一つに「ひし」という民芸品があります。古くから西山地区にあった民芸お守りを現代的なストラップの形にして町の特産品として販売するに至りました。
 今回の企画ではひしストラップにかかわった生徒さんたちやひしの作り手の方々にご協力いただいて、有料ワークショップと販売会も併設いたします。
 木島さんの色えんぴつ画のポストカードも販売予定です。

 詳しい企画の内容は続報いたしますが、まずはお知らせまで。
 どうぞお出かけください。

 

[PR]
by smcf | 2016-01-12 13:11 | 2015年度の活動

先週末の「親子でアートなワークショップvol.16」はなんと150人ほどにご来場いただきました。ありがとうございました。
 短冊を書きに寄っていただいた方々もありがとうございました。七夕の今日、あの笹は福島市内の某所で、みなさんの願いをお星さまに見ていただこうと、夜空を見上げていますよ。

 さて、あの笹なのですが、ちょっとわけあり?です。その来歴をぜひ説明させてください。
 本物ではありません。去年、本物の笹を調達しようと、広いお庭に笹をお持ちの方にお願いしたところ、こう言われたのです。「放射能の影響は大丈夫かな…。」
 悲しいですね。でも、気を取り直して、人工の笹の購入を決めました。そして、購入代金は、研究会で行った「3.11バザー」の収益を充てさせていただきました。福島特有の事情で子どもたちのために使えたと思います。よい使い道だったと思います。改めて、ご協力いただいた皆さんには心より感謝いたします。

 これから毎年、この笹とともに七夕の展示&ワークショップを行っていきたいと思います。

[PR]
by smcf | 2015-07-07 21:08 | 2015年度の活動

曇り空ですが

ここコラッセは 朝から商品券をお求めのかたで大混雑でしたが、私たちの会場は小さいお子さん連れのご家族に、楽しく短冊を 書いていただいています。
作品を見にいらっしゃる方々もあり、「上手だね」「この絵が好き」「あっ猫だ!」(猫の絵が数点あります)などの声が聞こえて来ます。
今日16時まで開催しています。短冊作りか楽しすぎて?リピーターもいらしてます
駅西口近くに御用の方はぜひ足を伸ばしていらっしゃって下さい
f0206797_11105624.jpg

[PR]
by smcf | 2015-07-05 11:07 | 2015年度の活動

七夕の作品展示参加校

 週末の「親子でアートなワークショップvol.16」の作品展示参加校のお知らせです。

 岳陽中
 三中
 松陵中
 平野中
 四中
 (アイウエオ順です)

 毎回素敵な作品が寄せらせるので、とても楽しみです。

 今回はコラッセ福島1Fアトリウムでの開催です。
 コラッセに用事でいらした方も、少し足を止めて、ご鑑賞ください。
 
 会場では、短冊を作るコーナーも設けています。
 お天気が心配ですが、短冊を飾ればお星さまも雲の上から見てくれるかもしれません。
 願いを書くだけでなく、カラフルで手の込んだものを作ってみませんか?
 作ったものはお持ち帰りいただけますので、どうぞお立ちより下さい。
 
 
 

[PR]
by smcf | 2015-07-03 18:12 | 2015年度の活動

「美術館とまちづくり」研究会が、福島県立美術館の楽しみ方や文化的生活の提案などをお届けするブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30