ブルーベリー・ディ開催 報告とお礼

 遠くの山には残雪、そして青い空と新緑

f0206797_2151347.jpg

 
 五月晴れの昨日、5月1日、福島県立美術館の「アンドリュー・ワイエス 創造の道程」展にちなんだ催し、ブルーベリー・ディを開催しました。

 朝8:30からスタッフの準備が始まりました。

f0206797_2126560.jpg


 驚いたことは、スタッフより先に、ブルーベリーの苗木プレゼントのために開館を待っていらした方があったこと。
 ありがとうございました。

 スタッフはまずそのプレゼントの苗木をラッピング。
 苗木のプレゼント引換は11:00前に定員50名に達しました。

 テーブルの上には、空カフェさんのジャム

f0206797_21283644.jpg


 アトリエモンソーさんのカルトナージュ小物

f0206797_21344475.jpg


アトリエドゥナナさんのコサージュなどが並べられました。

f0206797_16422976.jpg


 空カフェさんからは苗木50鉢のご寄付だけでなく、1鉢破格の500円でご提供いただきました。
 ありがとうございました。

 どの販売物も好評でした。
 お買い上げいただいた方、ありがとうございました。
 
 空カフェさんのジャムはbijiさんで常時購入できます。
 お買いあげでファンになった方、この日買えなかった方、biji さんでどうぞ。

 ところでこの日、美術館は紫や紺の服を身につけた方が多く見られました。
 入館者の三分の一ほどが、「ブルーベリー色の服を身につけていたら入館料割引」を知っていらして利用されたとのことです。
 見に行く作品とコーディネイトした服装で美術館に出掛ける・・・おしゃれで楽しい企画を皆さんと楽しむことができました。
 
 今回、研究会が美術館に協力する形での企画が無事終えられたことに感謝いたします。
 入館の方々が楽しんでいただけたのなら何よりです。
 そして、近隣にお住まいの方々と触れ合うことができたことも、有意義で幸せなことでした。
 ご来館の方々、ありがとうございました。
 空カフェさんはじめ、ポップをおいてくださった市内のお店の皆様、ご協力ありがとうございました。


 今年は県立美術館25周年です。
 それをもりたてるためにも、今後もこうした企画が続けられればよいと考えています。
 まちづくりを通して美術館を身近に楽しむ場所として皆さんにより一層親しんでいただけるよう、活動を続けたいと思います。
[PR]
by smcf | 2009-05-02 22:08 | ワイエス展 

「美術館とまちづくり」研究会が、福島県立美術館の楽しみ方や文化的生活の提案などをお届けするブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30